横浜国立大学SDGs宣言

横浜国立大学は、「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」(2015年9月国連採択)に賛同し、そこで掲げられた17の持続可能な開発目標(Sustainable development Goals:SDGs)に係る各国政府・自治体・企業等の活動を踏まえ、大学としてSDGsの達成のため果たすべき役割を再認識し、先進性、実践性、国際性、そして開放性という大学憲章の考え方をもとに、全学で一丸となって、教育および研究活動においてSDGs達成を志向した取り組みを推進し、産学連携、地域連携、国際連携も含めた成果を広く国内外で実践し、発信していくことをここに宣言いたします。

令和2年3月 横浜国立大学長 長谷部 勇一

SDGs(持続可能な開発目標)とは、2015年9月の国連サミットで採択された2030アジェンダに記載された2030年までの国際目標です。17の目標と169のターゲットからなり、誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。それまでのミレニアム開発目標(MDGs)との大きな違いは、先進国の役割が大きいことです。17の目標は互いに関連し合っていて、包括的な取り組みが重要です。「誰一人として取り残さない」社会の実現のために、いま私たちができることをできる限り行っていく必要があります。